東京都
神奈川
埼玉・千葉
京都・なんば・神戸
静岡・水戸・その他
博多・大分
モディ・専門店・
アウトレット・体験ストア

商品のお取扱い方法

FUR
毛皮製品(リアルファー・フェイクファー)

着用中に気をつけること

毛皮は摩擦に弱く、その部分だけ毛が傷みます。ご注意ください。

熱に触れると毛先がチリチリになります。暖房器やタバコの火には注意しましょう。

化粧品や香水等を直接付けると、においが残り、ツヤをなくしたり、シミや黄変の原因になります。

お手入れ方法

外から帰ったら、ほこりを落として

全体をまんべんなく、軽くたたいてほこりを落とします。

汚れの目立つ部分は、硬く絞ったタオルで拭きましょう。

ブラッシングは、静電気で毛を痛めないよう、帯電防止用ブラシなどをお使いください。(ヘアブラシを毛皮用に使用してもOK)

毛グセがついた時は、軽く霧を吹いて、ブラッシングをした後に自然に乾かしてください。

濡れてしまったら

雨などに濡れた時は、乾いた布で水分を拭き取り、風通しの良い室内で陰干ししてください。

毛皮は熱に弱いため、アイロンやドライヤーのご使用はお避けください。

クリーニングについて

リアルファーのクリーニングについては、皮革専門のクリーニング店にご相談ください。

フェイクファーは、素材や加工によって取扱い方法が異なりますので、必ず製品の「取扱い絵表示」等をご確認ください。

クリーニング後のビニール袋は取り、市販の布製(不織布)カバーを掛けましょう。(ほこりよけになります。)

通気性のないビニール袋をかけたままににしておくと、湿気やカビの原因となります。

保管方法

収納はゆったりと直射日光を避けて

保管時には、変色や縮れの原因となる直射日光を避け、ほこりよけの為にカバー等を掛けて、ゆったりと収納しましょう。
※特に白や淡い色の場合は気を付けましょう。

カビや虫喰いに注意

リアルファーは、温度や湿度が高いとカビや虫くいの原因になります。

室内の風通しの良い場所で虫干ししましょう。

防虫剤は2種類以上を同時に使用しないでください。また、毛皮に直接触れないようにしてください。

 

ページトップへ戻る