東京都
神奈川
埼玉・千葉
京都・なんば・神戸
静岡・水戸・その他
博多・大分
モディ・専門店・
アウトレット・体験ストア

商品のお取扱い方法

MOUTON FAKEMOUTON
ムートンフェイクムートン

ムートン・フェイクムートンとは

ムートンは毛皮の裏側をきれいに加工して、表地として使用できるようにスエード仕上げした羊の毛皮のことです。保温性に優れており、着用をかさねていくうちに、独特の風合いが表現されます。着用の際の気配りと、こまめなお手入れが、天然のよさを長く保つポイントです。

フェイクムートンは見た目・風合いともに天然のムートンに似せて作られたもので、フェイクスエードとフェイクファーの組み合わせでできています。軽くて、保温性に優れ、虫やカビの害を受けにくいなど、天然のムートンよりお手入れが簡単です。

着用中に気をつけること

お手入れ方法

スエード部分(表側)のお手入れは

こまめなブラッシングが長持ちのコツです。ほこりや汚れが毛の間に入りやすいので、毛の目にそってブラッシングしてください。

小さな汚れやシミは専用の消しゴムを使うと目立たなくなることがあります。

 

毛皮部分(裏側)のお手入れは

外から帰ったら、軽くたたいてほこりを落としてください。

汚れの目立つ部分は、かたく絞ったタオルでふきましょう。

毛並みを整えたいときは、静電気で毛を傷めないように、軽くブラッシングを行ってください。

毛グセがついた時は、軽く霧を吹いてブラッシングした後に自然に乾かしてください。

 

雨などに濡れてしまったら

乾いたタオルなどで水分を良く拭き取り、風通しのよい場所で陰干ししてください。縮みなどの原因になりますので、ドライヤーなどで乾かさないでください

保管方法

汚れを落とし、陰干しして湿気をとってから保管しましょう。

湿気がなく、風通しのよい、光のあたらない場所に保管しましょう。湿気はカビや虫くいの原因になります。

肩幅にあったハンガーを使用し、間隔をあけてゆったりと収納しましょう。

クリーニング後、通気性のないビニール袋をかけたままにしておくと、カビの原因になりますので、お避けください。保管する時は、ほこりよけの為にも市販の布製(または不織布)カバーを掛けることをおすすめします。

防虫剤は1種類だけを使用し、毛皮に直接触れないようにしましょう。

クリーニングについて

他の繊維と異なり、ムートンはクリーニングにより天然の風合いが損なわれることがあります。クリーニングに出すときは皮革専門のクリーニング店にご相談ください。

フェイクムートンは素材や加工によって取扱い方法が異なりますので、必ず製品の「取扱い絵表示」等をご確認ください。

ページトップへ戻る