東京都
神奈川
埼玉・千葉
京都・なんば・神戸
静岡・水戸・その他
博多・大分
モディ・専門店・
アウトレット・体験ストア

商品のお取扱い方法

BAG
バッグ

大切なバッグを使う時には

毎日の使用は型くずれの原因になるので、時々休ませましょう。

キズがつかないよう、アクセサリー、時計など硬いものとのスレには気を付けましょう。

バッグの内側の留め具がマグネット式の場合、切符や定期、キャッシュカードが使えなくなる場合があるので、接触しないように気をつけましょう。

お手入れと保管方法

お手入れ方法

ご使用後はこまめに汚れやほこりを落としてください。

ケア製品は、素材に合ったものを選び、必ず内側などの目立たないところで試し、シミにならないことを確認してからご使用ください。

雨に濡れた時は

型くずれ、色落ちしやすくなります

すばやく柔らかい布でたたくようにして水分を取り、風通しのよい場所で形を整えて陰干ししてください。

一般的には本革の場合は、乾いたらクリーナーで汚れを落とし乳化性クリーム等で栄養を与えますが、種類によって異なりますので注意しましょう。

保管方法

保管の際は十分に陰干しして、水分を取ってください。

他のものと密着しないようにし、湿気を避けるため、箱やビニールに入れず、通気性のよい布などに包み、風通しのよい場所に保管してください。

カビの発生を防ぐには

天然皮革製品は特に気をつけましょう。

保管時は除湿剤「シリカゲル系のもの」を置き、梅雨時には晴れた日に風通しのよい場所で陰干ししましょう。

カビができた時は、早めに少し湿らせた布で拭き取りましょう。(革の内部まで生えてしまったら、菌がついてしまい、手遅れになります。)

使い始めた時からお手入れを!

大事に使ってマメにお手入れを行えば、バッグの風合いがより好ましいものになります。
それぞれの素材の特性に合ったお手入れや保管を行いましょう。

知っておきたい天然素材(皮革・布地)の特性

天然皮革

一般皮革~スムース革など

普段のお手入れ

使用後は乾いた布で、汚れやほこりを落としてください。

汚れた場合は専用のクリーナーを使用し、必ず内側などの見えない部分で試してからお使いください。

汚れを落とした後や、革の表面がカサついた時は、専用のクリームで表面を磨いてください。

一般皮革~スムース革など

 

ヌメ革

革そのままの風合いを生かすため、染色や塗料仕上げをしないナチュラルレザーで、大変デリケートな革です。そのため、水や雨、油をすぐ吸収しシミになりやすく、日焼けしやすい特性を持っています。

普段のお手入れ

使用後は乾いたやわらかい布で軽く拭き、ほこり等をとってください。

ケア製品を使ってお手入れするときは必ずヌメ革専用のものをご使用ください。

ヌメ革

 

使い続けていくと

日差しに当たることで、革そのもののオイルと日光の作用で、うっすらと色が付き始め、革の表面に膜ができ、汚れがつきにくくなります。使い込むほど、淡いベージュから濃い茶色に変化していくのが楽しめます。

エナメル

光沢があり、水に強い塗膜を持っていますが、寒さに弱く、ヒビ割れを起こしやすい素材です。

普段のお手入れ

表面をキズつけないよう、ネルなどの柔らかい布を湿らせて、固く絞り、軽く拭きます。

落ちにくい時は、エナメル専用のクリーナーを使用し、内側などの目立たない部分で試してからお使いください。
※エナメル風の合成皮革のものは“合成皮革”としてお手入れください。

エナメル

 

保管するときは

保管の際、ビニール袋や他の素材と密着すると、色移りや表面の光沢が損なわれることがあるのでご注意ください。

起毛素材~スエード、ベロア、ヌバックなど

普段のお手入れ

ナイロンかスエード専用ブラシでブラッシングし、ほこりや汚れを落として毛並みを整えてください。専用の消しゴムで軽くこすって落とす方法もあります。
※一般の皮革専用クリーナーを使用すると色落ちしますので、ケア製品を使う時は必ず起毛専用のものをご使用ください。

起毛素材~スエード、ベロア、ヌバックなど

 

合成皮革

天然皮革に似せて作ったもの。軽くて、ほとんど水を吸収せず、お手入れが簡単です。製造後3年くらいから、表面のはがれやベトつきなどの劣化がはじまります。

普段のお手入れ

汚れた場合は水(汚れがひどいときは中性洗剤を薄めたもの)を絞った布で拭き取ってください。

保管するときは

高温で湿気の多い場所での保管は、避けてください。もろくなったり、ベト付きの原因になります。

ビニール袋や他の素材と密着すると、色移りや、表面の光沢が損なわれることがあるのでご注意ください。

布地・ナイロン

綿、麻、フェルト地など

普段のお手入れ

汚れがひどい時は、水、あるいは薄めた中性洗剤を固く絞った布でたたいて拭いてください。

布製のものでも丸洗いは避けてください。

こんな時に気をつけて!

色の濃いもの(特にインディゴ素材)は、色落ちしやすいので、淡色ものの衣類との組み合わせにはご注意ください。

ナイロン、ポリエステル、ビニール素材など

軽くて丈夫な素材です。

普段のお手入れ

普段は柔らかい布で乾拭きし、汚れがひどい時は、水を絞った布でたたいて拭いてください。

布製のものでも丸洗いは避けてください。

保管するときは

ビニール素材の場合、同素材のビニール袋などと密着すると、色移りや表面の光沢が損なわれることがあるのでご注意ください。

こんなお手入れ方法もあります

お使いの前に保護スプレー(撥水、防水スプレー)をかけると雨から革や布地を守り、汚れが付いた場合も落としやすくなります。スムース革(ツヤ有りタイプ)・起毛素材・布地・ナイロン素材に使えますが、必ず内側の目立たない部分で試してからお使いください。

※缶をよく振ってから20cmほど離して、まんべんなくスプレーしてください。
※金具にはかけないようにご注意ください。

 

ページトップへ戻る