循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

宮城県気仙沼市への支援衣料品寄贈についてのご報告

5月5日(木)気仙沼小学校で開催されたイベントの様子

気仙沼小学校にて春夏衣料品の寄贈イベントを行いました


 丸井営業店にて開催している被災地支援の下取りチャリティーへのご協力、誠にありがとうございます。お持ちいただいた衣料品は、被災者皆さまのニーズに合わせて衣料品の仕分け作業を行い、被災地におけるイベントを通じて、直接皆さまに寄贈して参ります。
第一弾として2011年5月5日(木)宮城県気仙沼市内の避難所の一つである気仙沼小学校において、寄贈イベントを開催しました。
このイベントは、単に衣料品をお贈りするのではなく、被災された方をファッションの力で励まそうと、ラックやワゴンを使用して、見やすく選びやすい陳列を心がけ、被災者の皆さまが、直接楽しみながら必要な衣料品を選んでいただくバザー形式で開催しました。(参加無料)
当日は約600名の被災者の皆さまにご参加いただき、約7000点の衣料品をお贈りしました。
ご参加いただいた被災者の方からは「春夏衣料はこれから必要。本当にありがたいです。」「衣料品を楽しく選べることが嬉しい!」「衣料品を提供していただいた方に本当に感謝しています。」といった声が聞かれました。
会場では丸井営業店での衣料品下取りの際に集めたお客さまからのメッセージも展示し、多くの方にご覧いただきました。また、衣料品を受け取った被災者の皆さまからの声も、葉っぱの形の付箋にご記入いただき、木のポスターに貼り付けていただきました。
 今後も丸井では、継続して皆さまから集めた衣料品の寄贈イベントを実施してまいります。


イベントの様子


たくさんの方にご参加いただきました

下取りチャリティーでお預かりした春夏衣料品をハンガー掛けし、選びやすくご用意しました

衣料品下取りの際にいただいたお客さまからのメッセージは、入場をお待ちの方にご覧いただきました

出口にて被災された皆さまから感謝のメッセージをいただきました

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら