循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

2017年7月期 東北リユースマーケット開催のご報告

総勢250名をこえるお客様にご来場いただきました!

2017年7月9日(日)に第36回「東北リユースマーケット」を開催いたしました


2017年7月9日(日)に宮城県女川町駅前プロムナードにある「女川まちなか交流館」にて、第36回女川衣料品組合×マルイリユースマーケットを開催いたしました。当日はお天気に恵まれ、開場から多くのお客様がご来場されました。

約3か月半ぶりの開催となりましたが、会場内はお子さま連れのご家族の方々や、毎回ご来場いただけるお客さま同士のにぎやかな声があふれていました。

今回は愛知県の中学生の皆さまが、キャリア教育の一環として弊社にご来社いただきました際に作成したリユース品も、あわせて販売いたしました。中学生の皆さまに作成いただいた商品をご購入いただいた方々からは「中学生が参加できるなんてすごいわね」「気に入っているから大事に着ます」など、あたたかなメッセージをいただきました。

次回の開催は決まり次第、お知らせさせていただきます。

リユースマーケットについて詳しくお知りになりたい方は、下記をご参照ください。http://www.0101.co.jp/shitadori/charity-bazaar/

 

丸井グループでは2011年より、東北復興支援活動を始め、震災から3年目を迎えた2013年からは「復興に向けた自立のための支援」に活動を進化させました。「お買いものとファッションを楽しんでいただきたい」という思いをこめ、宮城県の女川と南三陸の2地域で「地元の方々のための古着販売」の支援活動をおこなっております。

(南三陸では、本格的な復興支援計画のスタートに伴い、商店街の皆さまと協議の結果、2015年7月をもってイベントのリユースマーケットを終了し、2017年4月開業のハマーレ歌津内「マルエー様」「まきの衣料様」で衣料品を中心とした常設販売を継続しております。)

毎回、キッズコーナーは大人気!

それぞれのスタッフも地域の皆さまと会話がはずみ、お買いもの以外でも交流が深まりました。

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら