循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

2016年3月期 東北リユースマーケット開催のご報告

丸井グループでは2011年より、東北復興支援活動を継続してまいりました。

震災から3年目を迎えた2013年5月より、それまでの「生活支援としての衣料品提供」から「復興に向けた自立のための支援」へ活動を進化させ、お買物とファッションを楽しんでいただきたいという思いで「地元の方々のための古着販売」の支援活動を宮城県の女川と南三陸の2つの地域でスタートし継続してまいりました。(南三陸町では本格的な復興計画のスタートに伴い、商店街の皆さまと協議の結果2015年7月25日をもってイベントのリユースマーケットは終了し、現在は各衣料品店での常設販売を継続しています。詳しくは7月期の記事でご紹介中!)

 

2016年3月26日(土)、女川町では大震災の起こった翌年より毎年恒例となっております「女川町復幸祭2016」が開催されました。当日は、水木一郎さんのアニソンライブや、炭火焼秋刀魚の無料配布もあり、本当にたくさんの人々が女川の町に集まり大変盛り上がりました。

その復幸祭で「第31回 女川衣料品組合×マルイリユースマーケット」の販売イベントを大きなテント4つ分で出店!地元衣料品店の皆様と、マルイスタッフとで力をあわせて、売場設営や接客・販売を行いました。

リユースマーケットにも、今回初めて女川に来たという方も多く来店され、前回のイベントより販売を始めた「婦人シューズ」、そして恒例の「タイムセール」など、いつも以上の賑わいを見せておりました。

今回も1日だけの開催でしたが当日は約300名のお客様が来店され、お買いものを楽しんでいただきました♪

たくさんのお客様に来店していただきました!

復幸祭の様子

大盛況☆タイムセール

駅舎から見た復幸祭

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら