循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

2015年5月期 東北リユースマーケット開催のご報告

丸井グループでは2011年より、東北復興支援活動を継続してまいりました。

震災から3年目を迎えた20135月より、それまでの「生活支援としての衣料品提供」から「復興に向けた自立のための支援」へ活動を進化させ、お買物とファッションを楽しんでいただきたいという思いで「地元の方々による、地元の方々のための古着販売」の支援活動を宮城県の女川と南三陸の2つの地域でスタートしました!

 

 

2015530日(土)には南三陸町歌津の伊里前福幸商店街にて第18回目となるリユースマーケットを開催しました。

 

今回は気温が30度近くあり暑かった為、白や水色などの涼しげなカラーの洋服や、サンダルやカゴバッグ等の夏のアイテムが人気でした。

シューズの品揃えを充実させたこともあり、たくさんの方にシューズのお買物を楽しんで頂けました!

 

翌日2015531日(日)、女川町のきぼうのかね商店街にて第24回目のリユースマーケットを開催しました。

お客様の数はいつもより少なめでしたが、その分ゆっくりとお買物を楽しまれていらっしゃいました。

 

地元衣料品店の皆様と、マルイスタッフと力をあわせて、売場設営や接客・販売を行いました。

【南三陸】会場の様子 天気に恵まれました!

【南三陸】サンダルが特に人気でした

【女川】マルイ社内ボランティアのスタッフが接客します

【女川】地元衣料品店の皆様と「希望の鐘」の前で記念撮影

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら