循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

2015年3月期 東北リユースマーケット開催のご報告

丸井グループでは2011年より、東北復興支援活動を継続してまいりました。

震災から3年目を迎えた20135月より、それまでの「生活支援としての衣料品提供」から

「復興に向けた自立のための支援」へ活動を進化させ、お買物とファッションを楽しんでいただきたいという思いで「地元の方々による、地元の方々のための古着販売」の支援活動を

宮城県の女川と南三陸の2つの地域でスタートしました!

 

 

2015321日(土)、南三陸町歌津の伊里前福幸商店街にて第16回目となるリユースマーケットを開催しました。

今回は普段と若干違う場所で開催しましたが、お彼岸中にも関わらず毎月楽しみにしている方も新しいお客様もどちらもご来店していただき、天候にも恵まれお買物を楽しんで頂きました。

 

 

そして翌日、2015322日(日)には女川町で第22回目のリユースマーケットを開催しました。

この日は、前日21日に震災から4年経ちようやく待望の女川駅が開通したこともあり、町びらきのお祝いを兼ねて「女川町復幸祭」が開催されました!

復幸祭では衣料品組合の方とともにマルイのリユースマーケットも大きなテント2つ分で出店させていただきました。

当日は、ももいろクローバーZのライブ等も開催され本当にたくさんの人々が女川の町に集まり盛り上がりました。

リユースマーケットにも、通常きぼうのかね商店街で開催している時には来たことがない

という新しいお客様も半数近くいらっしゃり、いつも以上に賑わいを見せました。

先月に引続き、春物のキレイな色のトップスやワンピース・また薄手のコート類が人気でした!

女川の新たな出発の日に立ち会うことが出来、とても嬉しく思いました!

 

 今回は2ヶ所併せて、250名以上のお客様にご来店頂きました♪

【南三陸】たくさんのお客様に来ていただきました!

【女川】開通した新しい女川駅舎!温浴施設ゆぽっぽもオープン★

【女川】復幸祭 駅舎から見た図

【女川】リユースマーケットの様子!駅の正面の好立地!

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら