循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第61回被災地秋冬物衣料品提供イベントのご報告

2013年2月23日(土)24日(日)、第61回目の衣料品提供イベントを岩手県上閉伊郡大槌町の勤労青少年体育センターで開催いたしました。昨年7月以来となる大槌町でのイベント開催となります。今回は大槌町全世帯の方々を対象と出来るよう、翌週( 3月1日・2日)とあわせて4日間実施いたします。
今年一番といわれる寒波が押し寄せる中でのイベント開催でしたが、当日は約40名の地元ボランティアの方々のご参加を頂き、丸井の社内ボランティア8名とともに会場運営にあたりました。当日はキッチンカーも登場してお好み焼きやクレープを販売し、開場内外ともに賑わいのあるイベントとなりました。また、現地からのご要望もあり、会場出口で地元NPO団体による募金を実施いたしました。頂いた募金はイベント開催のための現地の方々の費用を除いて全額大槌町の子ども教育に活用していただきます。

このイベントは、昨年に引き続き、10月以降に丸井各店で開催しました「秋冬物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回のイベントでは、1日で約860名の方々にご参加頂き、約13,000点の衣料品を提供いたしました。また、丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。
震災後まもなく2年が経過する中で、忘れずにいたいという丸井店舗のお客様の思いも被災地の皆様へお届けしています。

会場の弓道場

ボランティアの皆様と協力しあって商品搬入

大勢の方にお越しいただきました

開場とともに大盛況

社内ボランティアも元気に応じます

サイズのご相談も承ります

お好みをお伺いしながら

お気に入りの一着をお探しします

キッチンカーも登場

お洋服をご提供頂いお客様へメッセージを頂ました

現地ボランティアの皆様(23日)

現地ボランティアの皆様(24日)

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら