循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第58回被災地秋冬物衣料品提供イベントのご報告

2012年11月17(土)第58回目の衣料品提供イベントを宮城県石巻市大街道小学校体育館で開催いたしました。
今年秋冬の衣料品提供イベントでは前週の東部渡波地区に続く石巻市での開催で、この秋冬の3回目の開催となります。気仙沼から仙台南部の広い範囲の仮設住宅の中からこれまで支援の少なかった小規模仮設の方々を中心にご招待、1日の開催で約900人のお客さまにお越しいただきました。
会場内では衣料品提供の他にも“お茶っこ”と呼ばれる喫茶スペースでご来場の皆さまが談笑されたり、丸井でメガネ販売をしている社内ボランティアが行う眼鏡の無料洗浄をご利用いただくなど、多くのお客さまにお楽しみいただきました。会場外でも神奈川県ボーイスカウトの皆さまによる焼きそばやポップコーンの屋台も出店されるなど賑わいのあるイベントとなりました。当日は地元団体のご協力により、約20名の地元ボランティアの方々が運営にご参加され、丸井の社内ボランティア11名とともに会場運営にあたりました。

このイベントは、昨年に引き続き、10月以降に丸井各店で開催しました「秋冬物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回のイベントでは、1日で約900名の方々にご参加頂き、約11,000点の衣料品を提供いたしました。また、丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。
ご参加いただいた皆さまからも「暖かい冬が過ごせます」・「久々の外出ができました」など多くのお礼のメッセージを頂くことができました。

地元ボランティアの方々と協力して会場準備

売場に見立てた会場作り

丸井のお客さまから頂いた動画メッセージを放映

開場と同時に盛況

社内ボランティアがコーディネートのお手伝い

メガネ売場担当のボランティアによる眼鏡洗浄

お茶っこスペース

会場の外には屋台も出店

丸井へ衣料品をお持ちいただいた
お客さまのメッセージをお届け

ご参加のお客さまからのメッセージ

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら