循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第56回被災地秋冬物衣料品提供イベントのご報告

2012年11月3日(土)・4日(日)、第56回目の衣料品の提供イベントを、福島県南相馬市鹿島中学校体育館にて開催しました。今年の秋冬物衣料品提供イベントの初回となります。
南相馬市では春夏に実施した衣料品提供イベントに続き2回目のイベント実施となります。12月初旬のイベントと合わせて3回に分けて開催することで、南相馬市の全32仮設住宅の方を対象にご招待することとなりました。開催については南相馬市の鹿島区役所・原町区役所の多大なご協力により実現しました。
また、各仮設住宅自治会長の協力により2日間で延べ60名を超える被災者ボランティアが、マルイの社内ボランティアと共に運営を実施しました。
 
このイベントは、昨年に引き続き、10月以降に丸井各店で開催しました「秋冬物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回のイベントでは、2日間合計約1200名の方に約14,000点の衣料品を提供いたしました。
丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。また、参加した皆さまからも多くのお礼のメッセージをいただきました。
衣料品提供イベントにあわせ、就職相談や「お茶っこ」と呼ばれる喫茶の提供も行い、参加者の方に大変ご好評いただきました。

「被災地支援衣料品提供イベント」は物資の支援だけでなく「震災から1年経過し自分たちのことを忘れないでほしい」という声にお応えするとともに、気分転換・知人との再会の場などの「心の支援」にも繋がっています。

会場の鹿島中学校体育館

トラック2台で商品と什器を運搬

男性ボランティアと協力し商品搬入

女性ボランティアと協力し売場作り

来場者にお客様の想いをお伝え

イベントスタート

マルイ社員もコーディネートをお手伝い

ファッションでお客様を笑顔にします

就職相談やお茶っこを併催

商品提供に対するお礼メッセージを記入していただきました

メッセージの一例

ボランティアの皆様(11月3日)

ボランティアの皆様(11月4日)

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら