循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第54回被災地春夏物衣料品提供イベントのご報告

2012年7月28日(土)、第54回目の衣料品の提供イベントを、東京都江戸川区 東部区民館にて開催しました。

江戸川区が主催する被災者支援イベントのメインメニューとして衣料品提供イベントを実施し、福島県の原発避難者を中心に江戸川区在住の被災者の方をご招待しました。
 
このイベントは、昨年に引き続き、4月以降に丸井各店で開催しました「春夏物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回のイベントでは、約250名の方に約3,500点の衣料品を提供いたしました。
丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。また、参加した皆さまからも多くのお礼のメッセージをいただきました。

衣料品提供イベントにあわせ、江戸川区による法律相談や就職斡旋、交流スペース、軽食の提供などが行われました。江戸川区長も視察に訪れ、昨年2月に引き続き2回目となるイベント開催に感謝の声をいただきました。

今回の会場となった東部区民館

江戸川区のボランティアの方と合流し、会場作り開始!

1点1点丁寧にハンガーがけを行います

多くの方が列を作って開場をお待ちに

ご家族でのご参加も多く見られました

日頃の接客技術を活かし、お洋服選びをお手伝い

可能な限りご要望にお応えします

江戸川区長が視察にいらっしゃいました

本場の喜多方ラーメンが提供されました

「ありがとうございます!
いつか恩返しができるようこの服を着てがんばります!」

お手伝いいただいた江戸川区のボランティアの皆さま

社内のボランティアメンバーもがんばりました

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら