循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第53回②被災地春夏物衣料品提供イベントのご報告

2012年7月21日(土)・22日(日)、第53回目の春夏物衣料品の提供イベントを、岩手県上閉伊郡大槌町 青年体育センターにて開催しました。

岩手県大槌町では初めてのイベント開催ということもあり、大槌町の全世帯の方を対象にご招待した為、前週と今回の2週、計4日間に渡って開催しました。第2週目となる今回は、地元ボランティアの方々と社内ボランティアの計34名が協力し、イベントを運営しました。

このイベントは、昨年に引き続き、4月以降に丸井各店で開催しました「春夏物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回のイベントでは、約1100名の方に約15,000点の衣料品を提供いたしました。
丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。また、比較的支援が行き届いていないということもあり、参加した皆さまからは多くのお礼メッセージやイベント開催に対しての感謝の声をいただきました。

また、これまでの提供イベントで頂いたご意見・ご要望やボランティアの方からのご提案を活かし、「大きいサイズ」コーナーの設置、子供服のサイズ別の陳列、ボトムのサイズ表示を行い、大変ご好評をいただきました。

5つの小中学校が使用している山あいの仮設学校

今回のイベントの為に交通案内も行いました

熱中症への対策も実施

提供する衣料品、試着室、姿見などを準備

マルイのお客さまよりいただいたメッセージをお伝えしました

招待券と引き換えにマルイのショップ袋をお渡しし、選んだ洋服を入れていただきます

お買い物気分で自由にお選びいただきます

大好評の「大きいサイズ」コーナー

お選びいただきやすいよう、子供服もサイズ別に陳列しました

「思ってくれている」それだけで1日1日前に進めます

遠い地からあたたかい思いやりありがとう!!

ご協力いただいた地元ボランティアの皆さま

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら