循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第45回被災地春夏物衣料品提供イベントのご報告

2012年5月12日(土)~13日(日)、本年度第6回目(通算45回目)の春夏物衣料品の提供イベントを、宮城県名取市 名取市立増田西小学校にて開催しました。

名取市役所と丸井との合同イベントとなった今回は、これまで支援の行き届いていなかった自宅避難者・みなし仮設の方を対象に開催し、2日間で延べ63名の現地ボランティアの方にご協力いただきました。

このイベントは、昨年に引き続き、4月に丸井各店で開催しました「春夏物衣料品下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた衣料品を、被災地の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届けし、ファッションの力で応援するものです。
お預かりした衣料品は、ただお配りするだけでなく、衣料品をハンガーラックやワゴンに並べた模擬売場をつくり、被災者の皆さんにショッピング気分で楽しみながら衣料品を選んでいただくイベント形式で行っています。

今回は2日間で、約1200名の方に約24,000点の衣料品を提供いたしました。
丸井各店での「衣料品下取りチャリティー」開催時にお客さまにご記入いただいたメッセージと「被災地応援動画メッセージ」を会場にお持ちし、被災者の皆さまにご覧いただきました。また、参加した皆さまからはたくさんのお礼のメッセージをいただきました。

イベントと同時開催として、現地ボランティアによるお茶会や西本願寺ボランティアによる炊き出し(信州そば)も行い、また待ち時間にはお茶を飲みながらのミニライブもあり、イベントは大いに盛り上がりました。近所の方と久々に再会し、お茶を飲みながら、おそばを食べながら談笑する光景も見られ、地域内での人と人とのつながりの一助が担えたイベントとなりました。

今後も、引き続き「春夏物衣料提供イベント」の開催を予定しております。

今後とも何卒、ご協力をよろしくお願いいたします。

増田西小学校の体育館をお借りしました

自治会の方が製作して下さった立派な看板

会場前の待合席は満席!

会場は大盛況

サイズを表記して選びやすく工夫しました

西本願寺ボランティアが信州そばを提供

久々の再開に喫茶スペースで談笑する方々

待ち時間にはお茶を飲みながらのミニライブ

名取市役所と地元ボランティアの皆様

心のこもったメッセージをいただきました

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら