循環型ファッション ~まだまだ着られるお洋服を活かしませんか?~

第10回東日本大震災被災地支援衣料品寄贈についてのご報告

石巻市立稲井小学校の皆さま

宮城県石巻市内にある5ヶ所の避難施設に春夏衣料品を寄贈しました


2011年6月26日(日)、10回目となる春夏衣料品寄贈を、石巻市にある5ヶ所の避難施設(稲井小学校、蛇田中学校、住吉中学校、石巻高等学校、貞山小学校)に実施しました。この寄贈は丸井営業店で実施している「被災者支援の下取りチャリティー」を通じてお客さまからご提供いただいた春夏衣料品を、被災者の皆さまのニーズにあわせ、丸井グループ社員が直接お届け・寄贈し、被災された方をファッションの力で励ますために実施しているものです。
今回は避難されている方の少ない避難施設を中心に、被災者の皆さまのニーズにあわせて衣料品を選定し、自社トラックで巡回しながら寄贈させていただきました。
またあわせて、丸井営業店での衣料品下取りの際にお客さまからお寄せいただいたメッセージもお贈りしました。
なお衣料品の寄贈に際しては、避難施設にいらっしゃる被災者の皆さま、市の職員やボランティアの皆さまが搬入をお手伝い下さいました。皆さまのご活躍により、スムーズに搬入することができました。本当にありがとうございました。
5ヶ所合計で、約520名の避難されている方に約7000点の春夏支援衣料を寄贈いたしました。
今後も丸井では、継続して皆さまからご提供いただいた衣料品の寄贈を実施してまいります。


巡回寄贈先の様子


石巻市立蛇田中学校の皆さま

石巻市立住吉中学校の皆さま

宮城県立石巻高等学校の皆さま

石巻市立貞山小学校の皆さま

循環型ファッション(東北復興支援)における過去の活動はこちら